先日、周知(?)の通りPCのデータが吹っ飛びました。

そして、諦めてWindowsを再インストールして、GeForce Experienceというドライバー管理などを行えるソフトをインストールすると、何かのキャンペーンでAdobe Creative Cloudの1ヶ月無料券をもらいました。

現在、普通にAdobe CCを契約すると、1週間しか無料体験期間がありません。しかも、クレジットカードは事前登録なので、解約し忘れたらそれっきりです。しかし、このクーポンはクレジットカードを登録しなくても使えるみたいです。超安心。

そこで、今回はほぼ初心者が数日間Adobe CCのソフト群を使ってみた感想を述べてみます。

Adobe Premiere Pro

まずは、Adobe Premiere Proです。これは動画をカットしたり文字を入れたりという編集に使うソフトです。有名なYouTuberはだいたいこれを使っています。

で、以前まではゆっくりMovieMaker4という編集ソフトを使っていました。これは、ゆっくりに喋らせる内容を入力するだけで、ゆっくりボイスの生成や動画との位置合わせ、字幕の表示も全部できるソフトです。ゆっくり実況の編集をするには最適ですが、凝った編集をするにはやはりAviUtlに移して編集する、という流れでした。

ですが、編集ソフトのプロジェクトには業界標準形式みたいなのが存在しないため、直接Premiereで編集を続行することができません。最初からゆっくりボイスをwavで出力して、タイムラインに載せなければならないのですが、これが以前の5倍は労力がかかります。

まず、1文ずつ位置を調整できない(してるとかなり非効率)ので、「会話を組み立てている」感覚がなくなってやりづらくなるんですよね。

さらに、音声と字幕を同時に追加できないので労力が2倍、さらにさらに字幕の文字をコピペしなければならず、ゆっくりボイスをいちいち書き出す手間もあって更に2倍。正直常用には堪えないですね。

まあ以前から「Premiereで編集してるぜウェイ!!!」っていうのをやってみたかった(=Premiereで編集してみたかった)ので、次回の動画はせっかくなのでPremiereで編集し、その次は多分もとに戻ると思います。データ吹っ飛んでるのでちょっとは変わるかもしれませんが。

Adobe After Effects

次は、Adobe After Effectsです。これは、動画素材に高度なエフェクトを掛けたりするソフトです。たまに編集がすごい動画を見かけますが、あーいうのはたいていAEで作ってます。かー○んさんとか。

これがですね、いちおうチュートリアル的なのが用意はされてるんですが、かなり初歩的なことしか教えてくれないので、書籍でも読まないと使いこなせる気は到底しません。よって、あまり書くことはないです。

Adobe PhotoShop

これは画像編集ソフトですね。サムネイルを作るときなどによく使われます。

正直、GIMPで事足りると思うのであまり使いませんでした。私は完全にGIMPに慣れてしまっているので、慣れ直すのは労力の無駄だと思いました。

総括

Premiereくらいしか使いこなせる気はしません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。