↑こちらのソフトのLinux版となります。例によってシェルスクリプトです。

macOSで動くかは知りません。

利用方法

  1. テキストエディターで~/.profileファイルを開く
  2. 最下行に「export PATH=”$PATH:<ADBのあるフォルダーへのパス>”」と追記する
  3. 端末をPCに接続し、「adb devices」を実行
  4. ダウンロードしたシェルスクリプトをテキストエディターで開く
  5. ファイル内の「DEVICEID」の部分に、adb devicesで表示されたデバイス名を貼り付け
  6. 「ip=」に続く文字列を端末のIPアドレスに書き換える。(※IPアドレスの変化に対応できないので、静的IPにしておくことをおすすめする)
  7. ファイルを保存し、実行する。

端末の再起動後は必ず1回はPCに接続して、このスクリプトを実行し、接続待機状態にする必要がある。それ以降はPCに接続しなくてもスクリプトを実行すれば接続される。

デスクトップエントリーファイルは各自作ってください。

その他、免責事項など詳しくは上の記事を参照。

ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。